カンジダ

Candida
カンジダ

性器カンジダはどんな病気?

女性に多い性感染症です。

​・カビの一種によって起こります。

​・もともと健康な人にもいる常在菌です。

性行為による感染もありますが、もともと人が体内(膣内、腸管など)に持っていることが多い菌で、何らかのきっかけ(体調を崩すなど)によって、さまざまな症状を引き起こします。また、男性に症状が出ることは少ないと言われています。

症状

・外陰部や膣の痒み。

・ヨーグルト状のおりものの増加。

・性器の炎症(灼熱感、痛み)。

・性交痛。

​・排尿障害。

●女性の主な症状

・亀頭の痒みやただれ。

・亀頭に小さな水泡。

・尿道炎を起こすこともある。

●男性の主な症状

女性は膣と外陰部に同時に症状が現れることが多く、性器カンジダ症といわれます。
風邪、疲労、ストレスなどで免疫力が低下したり、ステロイド剤、抗生物質の乱用や妊娠などで症状が出ることがあります。少数ですが、再発を繰り返す場合もあります。

男性は、性器にカンジダ菌を保有していても症状がほとんど出ません。包茎、糖尿病、ステロイド剤の投与などが原因で、症状が出ることもあります。

性行為だけでなく自己感染します

主に性交渉で感染しますが、体の抵抗力が落ちた時や、歯の治療などで抗生物質を飲んだ時などにも症状が出る場合があります。
もともと体内にある菌(皮膚、口腔内、直腸などの常在菌)が原因で症状が出る「自己感染」もあります。

もしかして感染してるかも…

※このような方は要注意です!

・風邪などで抗生物質を内服した。

・排尿時・性器に違和感がある

・おりものがいつもと異なる​

カンジダは健康な方からも検出されます。性器カンジダが疑われる場合は検査をしましょう​。

​男性は尿検査・女性は子宮頸管擦過物にて検査いたします。
検査結果は1日〜数日でお知らせできます。

治療

イミダゾール系抗真菌剤を膣内に挿入していただきます。
また、外陰部の痒みや炎症に対しては抗真菌剤クリームを使用します。
一般的に治療を開始して1週間程度で症状は消失します。

もともと健康な方にも存在する「常在菌」ですので、治療後はカンジダ膣炎が再発しないような環境を作ることが大切です。

具体的には

・疲労やストレスを溜めない

・外陰部を清潔に保つ

・通気性が良い下着を使用する

 

​などが大切です。

​ご自身で判断せず、まずはご相談を

セックス以外でも、疲れやストレスなどで発症することのあるカンジダ。
「痒みや痛みがある」「おりものがいつもと異なる」と言った症状で、
カンジダなのかその他の性病なのか分からずに不安な方はたくさんいらっしゃいます。

 

当院ではテレビ電話診察、検査キット・治療薬郵送のオンライン診療サービスを行なっており、「クリニックに行くのが恥ずかしい」「忙しくてクリニックに行く暇がない」という方はご自宅から受診可能なオンライン診療をぜひご利用ください。