Herpes
ヘルペス

性器ヘルペスってどんな病気?

・感染源となったパートナーに症状がないこともあります。
・潜伏感染し、免疫が低下した際に再発します。
・性器に水疱を認め、痛みを伴います。

全ての性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)によって感染してしまうので、気づかないままパートナーへうつしてしまうことがあります。病変部との接触により感染します。症状が出ていないときでも、感染することもあります。

症状

​性器ヘルペス

ヘルペスとは、ヘルペス単純ウイルスというウイルスに感染することによって起こる皮膚疾患です。 
ヘルペスウイルスには1型と2型の2種類あり、主に下半身に症状が出る性器ヘルペスと、口唇や顔面など上半身に症状が出るものがあります。このウイルスの特徴は、最初の感染(初感染)後に免疫ができても、体力の低下や外傷などの機会があれば再発を繰り返します。

・発症すると強い痛み
・痛みの前にかゆみ等の前駆症状
・排尿時の痛みが強い
・発熱、頭痛、倦怠感を伴う
・水疱性または潰瘍性病変が多発する

・陰部や周囲に小水疱
・排尿困難、発熱、頭痛
・まれに無菌性髄膜炎やウイルス血症を生じることもある

●男性の主な症状

●女性の主な症状

あらゆる性行為で感染します。

もしかして感染してるかも…

症状と問診から診断します。
ヘルペスは完治ができないため、発症を抑えるために抗ウイルス薬を5~10日間内服していただきます。

様々な刺激(過労・ストレス・セックスなど)により、再発する可能性があります。

また、症状が出ていないときでも、性器の皮ふや粘膜にウイルスが出てきて、パートナーに感染することもあります。性器ヘルペスでなくても、口唇ヘルペスの症状がある時にオーラルセックスをすると、相手の性器に感染します。

​症状が治ってから1週間はセックスを控えるようにしてください。

​ヘルペスかな?と思ったらお問い合わせください。

当院ではテレビ電話診察、検査キット・治療薬郵送のオンライン診療サービスを行なっております。

「クリニックに行くのが恥ずかしい」「忙しくてクリニックに行く暇がない」という方はご自宅から受診可能なオンライン診療をぜひご利用ください。